updated date : 2018/06/11

映画【イエスマン】で人生の忘れ物を取り戻した

こんにちは。

あんもです。

最近、清掃のお仕事が楽しくなってきました!

だいぶ仕事にも慣れ、時間をかけずに、自分が納得できる清潔さを保てるようになってきたから。

やっぱり、人間やりがいが大切ですね。

私は「仕事が嫌いなわけじゃなかった」と安心しています(笑)



さて、またまた映画のお話、


本も、映画も、ドラマも、アニメも、漫画も・・・全部出会いなんですよね。

久々に元気の出る映画に出会いました。

もちろん、Amazonプライムで。




【イエスマン~"YES"は人生のパスワード 2009年公開】



主人公のカール役のジム・キャリーがなかなかいい演技してます。

どんな誘いも「NO」と断り続ける主人公があるセミナーに行ってから、常に選択肢は「YES」にすることで、人生が変わっていくという内容。

ネタバレしちゃうのでストーリーは控えますけど(説明が下手というのもあります)、本当に良い映画でした。

私もカール同様、「NO」と言い続けてきた人生なので・・・。

仕事もプライベートも・・・。


こんな仕事したくない!NO!!

飲み会?めんどくさい!!NO!!

レジャー?だるい!NO!!

なんでも、NO!NO!NO!NO


私が歩んできた今までの人生は「NO!」のオンパレードでした。

もちろん、後悔はしていません。

自分に正直になった結果、「NO」と言い続けたわけですから。

でも、この映画を見て、私は本当にやりたくないから、行きたくないから断り続けていたのではなく、「傷つきたくないから」断り続けていたんだと気づいたんですね。

イエスマンって自分の意見がないような気がしてあまりいい印象じゃなかったし、なんでもかんでも「いいよ」って言ってしまう人はただの優柔不断、八方美人な気がしてたんだけど、そんなの勘違いだった。

「NO」という事は簡単で、なんでも断っていれば人生に面倒な事は起きません。


何とも、誰とも、関わらないで済む。

でも、本当にそれでいいのだろうか。

子供の頃はなんでもかんでもやってみたかったし、友達と遊ぶのも楽しかった。純粋に人生を楽しんでいたはずなのに。




「この世は遊び場。子供の頃は知ってたのに、皆忘れちゃう」
ヒロイン・アリソン(ズーイー・デシャネル)の言葉


子供の頃は純粋に人生を楽しんでいたはずなのに、いつからか私達はそんなの子供だけの特権だと思うようになる。

大人になるってそういう事なのかもしれないけど・・・一体誰がそんな事決めたのかって話だよね。

いつも予定調和な人生。

そんな人生、何にも面白いはずないのにそれが当たり前だと思い始めます。

そりゃそうだよ。

皆、そうなんだもん。

子供もそんな大人を見て、大人になるという事は恐ろしい事だと思うようになる。

夢も希望もない人生が待っているんだと、大人になったら遊んでいられないと。

でも、ちゃんとそこに疑問を持たなくちゃいけないよね。


たまたま見たこの動画も、大事な事を思い出させてくれました。




今日は面倒くさいからいいやと「NO」ばかりを続けてたら、あっという間に人生は終わる。



死ぬ時になって断り続けた人生を悔やむんだろうな。



守りに入らず人生を恐れず、何事も「YES」という事を忘れないようにしたいと思います。



どんな誘いもお願いも引き受けると今日、この記事で誓います!!!!!



では、またね!

コメント

非公開コメント