Welcome to my blog

成功者を叩く人は想像力に乏しい

anmo

こんにちは。


あんもです。



私はバスケット漫画【スラムダンク】が大好きです。



登場人物に中でも、主人公の桜木花道を抜いて圧倒的人気を誇るミッチーこと三井寿が大好き。



応援したくなる。


挫折をし、どん底から這い上がるサクセスストーリーが多くの人の共感を呼んでいる理由だろうと思う。



どうしても順風満帆な人より応援したくなる。



順風満帆な人だって相当な努力して、力をつけてきたのにその背景が見えないとただの嫌味な奴に見えてしまうんだよね。



その例が、流川楓。



彼はキャラも相まって相当嫌な奴に見える(笑)



私は好きだけど。


もう少し流川の苦労や、苦悩を描いていれば圧倒的人気キャラは流川楓であると個人的に思う。




昔は、天才的な人とか、なんでもできちゃう人、挫折を知らないような人は自分と別世界の人のように感じていたけど、全然違った。



結局は、彼、彼女たちも私達と同じ人間だし、並々ならぬ努力をして、ただひたすら自分のなりたいもの、達成したいことに真っすぐな人達というだけだった。



ただ自分を信じて素直に進める人達なんだって気づいたら、何も特別なものじゃないと思って。



中にはものすごいIQの持ち主なんて人はいるけど今活躍している人や、成功してる人はただ自分に正直なだけ。


私も煩悩や色んなことを考えてしまうけど、ただひたすらに自分がこうありたいという姿に向かって努力をしようと思う。


んー努力というか、そうなりたいからやるだけという方が正しいかな。



まさか自分がこんな考えになるとは思わなかった。



出きない理由を頭で考えて行動しない選択ばかり取ってた時代は、



「あんなに努力しなきゃダメなんだ。」

「きついことはしたくないし、あんなこと私には無理」

「元々、環境とか才能に恵まれてるから」

「あの人はあんな小さいころからやってたんだから今更無理」




こんなことばかり考えてた。





ほんとーーーーーーーに時間の無駄!!!!



だし、

出来ない理由を考えてる時ってぜんっぜん楽しくない(笑)



だって自分で自分の評価を下げてるんだよ?



そんな生産性のない時間を過ごすなら少しでも手を動かしてたい。



成功してる経営者や、著名の方の本を読んでみるとよくわかる。



あの人達、めちゃくちゃ失敗してるし、何度も挫折してる。



そこで諦めてもおかしくない出来事が何度も起きてる。



むしろ誰よりも挫折してきてる人だと思う。



だからこそ、もの凄いパワーが湧いてアイディアやひらめきが降りてくるんだろう。



よく、成功者の本を読んで"成功した今だからこう言えるんだ"って、"挫折して自己破産した人の気持ちなんて成功者にはわからない"なんて言う人がいるけど、本当にその人達の苦悩を考えたことがあるか?



自己破産や事業失敗した人の苦悩は私にもわからないし、また反対に成功した人の苦悩も私にはわからない。



だけど、成功してからの方がよっぽど大変なことだってあるし、会社や自分の立場が大きくなればなるほど守らなきゃいけないものが増える。



自分でその道を選んだのだろうと言われればそれまでだけど、だったらこっちの気持ちまでわかれというのはちょっと乱暴なんじゃないかと思うよ。



人は人の気持ちがわからない。



これはしょうがないこと。



例えば、同じ擦り傷でも、Aちゃんは全然平気だけどBちゃんはものすごく痛みを感じているかもしれない。


本当の痛みがわからないのに自分だけの物差しで、「そんなキズ、大したことないよー」なんて言ったらBちゃんはどう思うかな。



結局、人の本当の気持ちなんてわからないし、真実はわからないんだ。



だからこそ、想像力という能力が必要になる。



「もしかしたらこうなのかもしれない」



この想像力が自分を救うし、人に対しても優しくなれる。



思考停止しないでもうちょっと想像をしてみてほしい。



想像力は世界を救う。




では、またね!


Posted byanmo

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply