Welcome to my blog

メガネ男性が好きすぎて生活に支障をきたしてる

anmo

こんにちは。


あんもです。



わたくし、とにかくメガネ男子が好きです。



メガネくんが大好きです。


メガネのおじ様愛してます。


メガネちゃんも大っ好き。



とにかくメガネをかけていれば恋をします。



一目惚れならぬメガネ惚れです。



メガネが好きすぎて生活に支障をきたしているので、メガネ好きの原因を探ってみました。



たどり着いた原因が


『学歴コンプレックス』




私ってほら、中卒じゃん?


中学校もろくに行ってないから、もうほぼ小卒だったりするわけじゃん。(誰も知ったこっちゃない)


だから、インテリジェンスな人に憧れるわけですよ。


バカだからすぐ崇拝とかしちゃう。


騙されやすい人の典型。


ま、そんなことは置いといて頭のいいい人って総じて目が悪い。



目が悪い=勉強してきた

と単細胞な私はそう解釈します。



で、私は家で勉強した記憶がないくらいのアホだからめちゃくちゃ目がいい。


最近は測る機会がないのでわからないけど、ずっと視力1.5キープしてました。


だから、単純に憧れだよね。


視力の悪い人に憧れるんです。


視力悪くてメガネであれば誰でもいいから付き合いたいです。




一度それこそ一目惚れをしたことがあって・・もうね、メガネ姿が素敵でビビビッときたわけですよ。


東京にいた時にさ、単発の仕事だったんだけど、展示場にいる女性のことなんていうんだっけ?


展示場とかにいるお姉さん達・・・イベントコンパニオンであってるかな?


あの仕事をね、ちょこちょこやってたんだけど、その展示会に出展してたメーカーのメガネをかけた社員さんに恋をしたんです。



完全にメガネ惚れしてしまいました。



連絡先を渡して(正確には渡してもらった。私にそんな勇気はない)、お食事まで行けることになって。


あの瞬間は忘れられない。


25過ぎた女があんなに喜べるのかってくらい高揚したね( ̄▽ ̄)




そして、約束当日、汐留で待ち合わせ。



でも、そこに来たのはメガネくんじゃなかった。



え?




ダレ?








??? 「いやー、仕事がちょっと長引きましてお待たせいたしました!」



あんも 「あ、はぁ・・・失礼ですが〇〇さんですか?(自分から連絡渡しといてめちゃくちゃ失礼)



??? 「あ、はい!あれ、髪切ったし、久々だったのでわかりませんでしたか?」



あんも 「あ、いやー展示会の時、メガネをかけていた記憶があったので・・・(;・∀・)」



メガネくん「あー、普段はメガネじゃないんですよー。まぁ、目はあまりいい方じゃないので展示会の時にだけかけるんです(にこっ)」







なぬーーーーーーーー!!!!





普段は眼鏡をかけていないだと!?!?!?





OMG--------!!!!!





いや、メガネくんは全然悪くない。



むしろめちゃくちゃいい人だったし、その後こんな私と付き合ってくれた素敵な彼でした。


が、


結局彼がメガネをかけてるのを見たのは展示会で出会ったあの一回だけでした。トホホ・・・。




どうしてるかな。


メガネくん。


いや、展示会でしかメガネかけないくん。



今となってみればいい思い出ですが、あの瞬間はかなりショッキングだったなぁ。




なんで、メガネじゃないんだと。




なんなら今から買いにいこうかと。




何でもするから頼むからメガネをかけてくれーーーーーー!





きっと、ものすごい形相で彼を見つめていたに違いない。



でも、私は完全に間違ってる。



人を眼鏡で判断してはいけない。



小さいころから「人を眼鏡では判断してはいけない」と教えられてきたじゃないか。



人は眼鏡より内面。



そう、何より内面が大事。



展示会でしかメガネかけないくんも、優しくて本当に本当に素晴らしい方でした。




・・・・・・。



でも止まらない、このメガネ愛・・・。



完全に生活に支障をきたしているメガネ病を早く克服したい。



自分が視力が悪くなりメガネをかければ克服できるのか。



メガネに呪われた女性達はどうこの問題を克服したのか教えてほしい(ノД`)・゜・。



誰か助けて・・・。

Posted byanmo

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply