updated date : 2018/02/27

面倒くさいのってありがたいことだよね

こんばんは。


あんもです。


昔から私は面倒くさがりで、惰性で、なまけものでした。


一人でいるのが楽だし、楽しいし、友達はそんなに多くなくていいと思っていたんです。


一人で生きてるのが楽ちん。


毎月誕生日プレゼントを選ばなくていいし、連絡も取らなくていい。


時間もお金も奪われない。


そんな風に思ってました。


でも、家族はまた別でしっかり親の面倒を見ようと今回帰ってきたのに、家族に対しても面倒くさいって思うようになってたんです。


ダメですね、長年の性格は早々変わらない。



人間関係をことごとく避けてきた私には自分中心の生き方が染みついちゃってたみたい。


洗濯に、料理に、掃除に、せっかくキレイにしたのにすぐ散らかす。


二か月くらいでストレスでやっぱり一人暮らししようと思ってたんだけど、だったら地元に帰ってきた意味ってなんだったんだろうって。


つくづく自分中心な自分が嫌になる。


人がいなければ面倒くさいこともなくなるけど、面倒くさいことがないって本当に幸せなのかな。


本当の幸福感は感じられないと思うんだよね。


だから、この際面倒くさいことぜーーーーーんぶ引き受けようと思う!


友達の相談事も、親の面倒も、その他諸々、ぜーーーんぶ自分が引き受けるという覚悟で生きてみようと思う。


過去の自分への挑戦。


さぁ、今日から何でも屋になるわよ!




style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9765880860308931"
data-ad-slot="9762237700">


コメント

非公開コメント