updated date : 2018/02/11

行き詰ってからが本当の人生の始まり


こんにちは!


あんもです。



しばらくぶりの更新になります。って誰か見てくれてるのかな??


一年間誰も見てくれなくてもめげるなとトップブロガーさんが言っていたけど、普通に心折れるよね(笑)


一年後、誰かの目に止まってくれていたら嬉しいです(;_;)


このヘタくそなブログを懐かしく感じられる日までがんばるぞ。




人生しかり、ブログしかり、行き詰ってからが本番だなと最近思います。


若いころは何も考えずに人生が楽しかったし、未来はキラキラしてた。


それはきっと神様がくれた人生のプレゼントみたいなもので、すでに組み込まれたプログラム。


本筋のストーリーは自分で作っていかなきゃいけないんだけどそれがなかなか難しい。


だって、クドカンじゃないし林真理子じゃあるまいし。うまい脚本が書けないのよ。


でも、


人生の脚本を書かなければいけなくなった時からが人生。


・・・・。


・・・・・。


自分でもなに言ってるかわからない(笑)


ようはタイトル通り、行き詰ってからが人生。なんです!


若い時からちゃんと自分で道筋考えてきた人はまた別だけど、大半はそうじゃないと思うのね。


その日楽しけりゃOK!イケイケどんどんで生きてきた人はたくさんいるはず。


少なからず私はそうでした。


でも、後悔はしてないしそれでよかったと思う。幸せは人それぞれ。


どんな選択をしても後悔する人はするもんです。


時代は変わるし、子供の時になりたかったものが大人になってみて本当にやりたいことなのかなんてわからないしね。


色んな人、色んな生き方を見てから脚本書いたって全然遅くないよ。


今自分がどの道に行けばわからない人、やりたいことが見つからない人、もうやり直せない・・・


そうゆう人って少なからず時間や年齢に縛られていると思うのね。(私もそうでした)


実際、女は出産という大イベントがあるわけだから急がなきゃいけない部分はあると思う。



でもでもでも~~・・・・?



そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!



行き詰ってる今からが人生の始まりです。


ここから本当の人生が始まるんです。


もう遅いとかそうゆうのやめよう。


時間なんて人間が勝手に作ったもので、実際今が本当に何時何分なんてわからないじゃない。


時計なんてカレンダーなんて捨ててしまえーーーと思う。


大丈夫。


キラキラした脚本を好きなように書いて下さい。


今からやっとあなたの人生が始まったのだから。




それでも・・・


どーしても不安になってしまうあなたに私が好きな本をご紹介します。


本は本当に大切なことを教えてくれますよ!


俺の胸に火をつけた言葉/著者・加藤諦三

   
  かとうたいぞう
著者の加藤諦三さんは社会心理学者でたくさんの心理学本を書かれています。


この著書は加藤諦三さん自身について書かれたものなのですが、加藤さんの生きざま、考え方が男気溢れててどんな悩みも吹っ飛びますよ(笑)


ネットで検索したところ手に入れられるのはアマゾンくらいでした。

かなり昔の本なのでしょーがないですね。

あとは、図書館に置いてあるかもしれないので最寄りの図書館をネット検索してみてください(*‘∀‘)


全国の図書館の蔵書を調べられるサイトです
画像クリックでサイトへ飛べます

WgJbevcWbuS_HqH1518275288_1518275299.png



Amazonで安く手に入れられるのは3冊くらいでした・・・( ノД`)シクシク…

古本としてかなり高額に売ってるショップもあるので気を付けてくださいね!


↓こちらが1984年1月に出版のもの

俺の胸に火をつけた言葉 (大和文庫)

中古価格
¥129から
(2018/2/11 00:18時点)





↓こちらが1984年4月と書いてあるので増刷されたものかな?値段が違います。

俺の胸に火をつけた言葉 (1984年) (大和文庫)

中古価格
¥692から
(2018/2/11 00:24時点)




たくさん紹介したい本はあるのですが有名な本を紹介するのはなんだかなぁという思いがあります。

なので、有名ではないけど良質な本をこれからもちょこちょこと紹介していけたらと思っておりますので、これからもお付き合い宜しくお願い致します。



人生は楽しい!


だいじょぶだいじょぶ~~!!







コメント

非公開コメント